シャル・ウィ・ダンス?を見ると疲れた心が癒されるよ

シャル・ウィ・ダンス?をオンラインビデオ配信サービスで見ました。

主人公の役所さんが演じる杉山という人物は、どこにでも居るようなサラリーマンでした。

ちょっと格好よすぎるそのサラリーマンは、地道に仕事をこなし、夢のマイホームも手に入れています。

でも、会社と家を行ったり来たりするような毎日は、やはりつまらないものです。

そんな時、ダンスとの運命のような出会いをします。

確かに、出会いは大切です。中年だからと諦めず、やりたいことを1度はやった方が、もっと仕事にやる気を出せると思うのです。

そんなことを知れた映画でした。

杉山がダンスに目覚め、自分もやってみようと、その門を叩く勇気に胸が熱くなります。

それに、やる気はあるけど、なかなか足が思うように動かないところが気の毒です。

でも、そんな姿に頑張れと応援したくなります。

普通なら諦めてしまうのに、彼は諦めずに教室に通い続けるのが偉いなと思います。

最初は下心があったかもしれませんが、彼はダンスというものの楽しさを知り、みるみる表情が豊かになっていくのが素敵だなと思いました。

どんどん踊りも上手くなっていくのが素晴らしく、ダンスって人を楽しませるし、スタイルも美しくする素敵なものなんだなと感じました。

思わず、自分もダンスをやってみたいなと思ったほどです。

竹中さんのラテンの踊りも面白いですし、渡辺さんの迫力あるダイナマイトボディを揺らしながら踊る姿も面白かったです。

先生の草刈さんのダンスが実に魅力的でした。美しいスタイルと凛とした女性の姿が実に素敵です。

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ