ショパン、バラード一番が忘れられなくなる戦場のピアニスト

学生時代に見ました。ただユダヤ人収容所について知識不足だったせいもあり、ところどころ疑問に感じながら見てしまった記憶が残っています。

その曖昧な記憶の中でも唯一明白に覚えているのは、ラストで主人公がショパンのバラード一番を奏でるシーンです。

私自身ピアノが好きという事もあってこの作品を見ましたが、当時バラード一番という曲を知りませんでした。もしこの映画でこの曲に出会わなければ、第一印象はもっと薄い曲だと私の中では認識されてしまったかもしれません。

この映画はユダヤ人ピアニストの主人公が、祖国ポーランドがナチスドイツに占領されてしまうことで奴隷にされたり逃亡したりと、何とか生きながらえてラストにたどり着きます。

薄暗く、淡々と状況が変わっていくような重苦しい印象のある映画です。脱出シーンにも特に派手さはなく、また主人公が生き延びれたのも周りからの手助けがあってこその幸運であり、自分自身が大きな行動をしたという訳でもありません。

それは主人公が一般市民であること、だからこそ占領されているという状況の中では受動的にしかなり得なかったのだと今になって思いました。

後半になるにつれて主人公もみすぼらしい格好にななり、食料調達も来なくなり、そんな中で隠れていた場所でドイツ人に見つかってしまいます。

しかしそこでまたしても幸運にも殺されることはありませんでした。そこでドイツ軍の将校に弾いた曲がバラード一番です。

私がこのシーンを明白に覚えているのは、唯一主人公が行動したシーンであると思ったからかもしれません。

運の良さであらゆる危険を回避し、このまま最後は助かったというのみの映画だったとしたら、きっと作品自体を忘れ去っていたでしょう。

このシーンは「ピアニスト」という、主人公が本来あるべき姿で他人に対して自分が何かを残したという事だと思います。

実際このシーンでの演奏は聞き込んでしまう力があります。この映画は全てここに集結しているのだと思わせてくれます。

何年も昔に見た作品ですが、今回オンライン配信を通して再び見る事ができました。

やはりバラード一番のシーンは変わる事なくもう一度私の記憶に深く刻まれたと思います。

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ