スカッとしたい時には「ウォンテッド」!

「冴えない主人公が実は秘めた才能を持っている」「アンジーがミステリアスな戦う女性を演じてる」「痛快アクション復讐劇が見たい」「リアルファンタジーな世界観が好き」「格好いいスタイリッシュな映像が見たい」…上記の文に同意した方、少しでも気になるエッセンスがあった方は是非「ウォンテッド」(原題:Wanted)をお勧めします!

「ウォンテッド」は2008年にアメリカで制作された、ジェームズ・マカヴォイとアンジェリーナ・ジョリーが爽快なバトルを繰り広げるアクション映画です。

ジェームズ・マカヴォイが演じる冴えない青年ウェスリーは、恋人を友人に寝取られ、嫌な上司に噛み付かれ、ストレスフルで散々な毎日を過ごしていた。

そんなある日、アンジェリーナジョリーが演じる謎の美女フォックスが表れ、あなたには「暗殺者」としての素質がある…と告げる。

フォックスは秘密の暗殺組織の一員であった。そして様々な修行を終え、孤高の暗殺者として青年が成長していく…という物語です。

私のお勧めはなんてったって、バトルシーン。この暗殺組織の人間は、特殊な技術をもっていて「打った銃弾の軌道を曲げる事が出来る」のです。

華麗に行われる銃撃戦を流れるようなカメラワークで見せていて、メリハリのある映像美に目が離せません。

また特殊な暗殺組織という世界観を表す建物や雰囲気、其の中で行われるアンジェリーナ・ジョリーやダニエル・マカヴォイの肉弾戦も、思わず口が開いてしまう格好よさです。

そして作中で良いポジションにいるモーガン・フリーマンの演技も見逃せないです。そして、最後のバトルシーンでの畳み掛け方やテンポ間が抜群で、思わず何度も見たくなります。

ただ、一つ言うならば、個人的な意見ですが字幕の方がお勧めです。あまりの棒読みに吹き替え版が何故か格好いいはずの映画が格好よく見えなくなります…

気になるっと思った方は、是非、字幕、吹き替えと両方見てみてください!

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ