お墓がないを見るとお墓の大切さが分かるよ

お墓がないをオンランビデオ配信サービスで見ました。その名も「お墓がない」というところが妙に気になる映画でした。

お墓がある人はいいですが、お墓が無い人には一大事なのです。自分が60歳ほどにもなった時、死について考えることも多くなると思います。

でも、お墓が無い人も多く、そこで悩むことになります。 この映画は、そんな悩みを持っている人をおかしく、コミカルに描いているのが面白いところなのです。

その悩みを持つ人物は、誰もが知る大女優です。そんな大女優が自分の死後に入るお墓が無いのですから困ったものです。

そんな大女優が悩み、パニックになるところも面白く描かれていました。あまり、美しい大女優だから、自分がお墓を買うなんてことを世間には知られたくはありません。

でも、彼女は大胆にも自分で墓地探しまでします。その時には、大きなツバの付いた大胆な帽子を被り、色も派手なスーツを着て行くあたりが笑ってしまいました。

普通なら質素にして目立たなくして行くのに、そこら辺が大女優のポリシーを感じてしまいます。

そんな大女優役に岩下さんが演じているのがまたまた笑ってしまいます。いつもはシビアな役が多いのに、この役ではちょっとコミカルで、天然な役を演じているのです。

顔色一つ変えずに墓地に降り立ち、優雅に歩く姿も笑いました。

そんな女優をたいそうに営業スマイルで応対する袴田さんの演技も見ている人のハートを掴みます。

若い男性と年配の女性の、ちょっと怪しい恋愛感情も垣間見れる、何ともコメディタッチの映画でした。

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ