心がほっこりする、「ホリディ」

キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットが出演している映画ホリディは何度でも観たくなる、心が温かくなる映画です。

私はこの映画は特に冬のクリスマスシーズンになると見たくなり、オンラインでよく見ているのですが、見終わった後はいつも小さな幸せを感じます。

この映画はキャメロンとケイトが休暇中にお互いの家や車を取り換えて生活を始めるというストーリーです。

キャメロンもケイトも恋愛に傷付き、現実から離れたい、自分たちには休暇が必要よと考えるようになります。

そしてネットでお互いの家や車を交換することを約束します。つまりお互い顔も見たこともなく全く面識がないのです。

このあたりが外国人特有の気軽さがあっていいな、ととても思います。

キャメロンが住むことになった家がとてもかわいくてクリスマスにぴったりな家で本当に憧れます。

一方ケイトが住むことになった家はゴージャスで、お互い全く違った環境をとても満喫するようになるのです。

そしてお互いがお互いの場所で恋に落ちてしまうのです。 私がこの映画でとても好きなシーンがキャメロンと恋に落ちたジュード・ロウとその娘たちがみんなでおもちゃのテントのなかに入ってお話をするシーンです。

子どもたちが本当にかわいくて、ほのぼのしています。初めはジュード・ロウに子どもがいたことにとまどうキャメロンですが、このシーンから心から子どもたちがかわいいと思っているのが伝わってきます。

エンディングもかなりハッピーエンドなので本当に幸せになりたいときにお薦めの映画です。

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ