ハンサムスーツを見ると恋に臆病な人も前向きになれるよ

ハンサムスーツをオンラインビデオ配信サービスで見ました。

何ともユニークなストーリー展開に、目が離せなかった映画でした。

主人公の名前が大木豚郎というところもユニークですが、その主人公の姿も、またこの名前にぴったりで面白いのです。

まん丸の顔にメタボなお腹、汗かきでひ弱なもてなさそうな男性です。 そんな主人公が、着るだけでハンサムな男に変身してしまうのですから、実に驚いてしまいます。

そんなスーツがあったら、どんなに簡単に女性と付き合うことができるかと思うのです。

苦労せずに女性にモテルので、薔薇色のような人生を送ることができます。 でも、着ないと、いつまでも女性と付き合うことができず、つまらない人生を送ることになります。

そんなことを考えると、実にこのスーツは魅力的です。そのスーツを着ると、背は高く、脚は長い、顔は舞台俳優のようになります。

それを演じるのが谷原章介というイケメン俳優です。確かに、そんな男性になれたら素敵だなと感じました。

でも、スーツを着ても、なかなかイケメンのような振る舞いができない主人公の姿がちょっと気の毒で、スーツを脱いではパニックになる姿にはお腹を抱えて笑ってしまいます。

北川さんが演じる寛子が、この映画の鍵を握っているとも思いました。

美人だけど、その美人で寄って来る男は愛さないというような強い信念を感じます。

豚郎も、面食いだから自分を好きになったというところが気に食わないようなのです。

ここら辺が、世の女性の心を表しているなと思いました。 見た目だけではなく、心を見てくれる男性を女性は愛すんだと学べるような楽しい映画でした。

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ