東京ゾンビを見るとちょっとシュールな怖さを体験できるよ

東京ゾンビをオンラインビデオ配信サービスで見ました。ちょっとシュールで、それでいてコメディタッチな部分を織り交ぜたような映画でした。
東京ゾンビ
何と言っても、あのイケメンでいつもはシビアな役が多いという哀川さんが、ツルッパげ頭のおじさん役になっているのが笑ってしまいました。

見事にハゲ上がった頭でも、顔はまじめなのがまたおかしいのです。

それに対抗して、今度はフサフサすぎるアフロな浅野さんの頭が気になります。嫌味なほどにフサフサで、まるで爆発したように大きく広がる髪型に驚きます。 奇妙な髪型のこの2人は、とっても仲良しというところもおかしいのです。笑顔をほとんど見せないけど、心と心は繋がっている感じが伝わってきます。

やたらと柔術のような動きが得意な二人は、どことなく男らしく、若さを感じます。その立ち回りが、やたらと腰が入っていて格好よかったです。 頭はオヤジなのに、どことなくやんちゃなツナギを着ているのも愛嬌です。そんな二人の何気ない職場で殺人事件をやらかしてしまうのですが、そこからこの映画は面白い展開を見せます。

その死体をどうするのかと思えば、山に捨ててしまうと考えるのですから緊張が走ります。でも、それがきっかけでゾンビに出会うのですが、そのゾンビがとてもリアルで、身近にいそうな感じの姿にドキドキしました。

その多くのゾンビがヨタヨタと歩いて来ては、街の人を襲う光景も怖かったです。まるで自分がそのゾンビに今から襲われてしまいそうな感覚になるような映画でした。

⇒フールー・ユーネクストなら、観たい映画が無料で今すぐ見れる!フール(ふーる)・ユーネクスト利用者の口コミはこちら

このページの先頭へ